マイクロパッチ口コミと効果を暴露!

マイクロパッチはマイクロニードル方式の刺すヒアルロン酸シートです。本当に効果があるのか口コミを暴露しています。

貼るヒアルロン酸シート

貼るヒアルロン酸パッチ ほうれい線に効果的なのはコレ!

投稿日:2017年1月11日 更新日:

 

貼るヒアルロン酸パッチでほうれい線対策

貼るヒアルロン酸パッチの種類が増えてきましたね。基本的には目元に貼って小じわをケアするものですがほうれい線にも貼れます。

 

でも貼るヒアルロン酸パッチでほうれい線を本格的になくせるのは何でもいいわけではありません。

 

ほとんどの貼るヒアルロン酸マイクロニードルパッチの針はヒアルロン酸のみだからです。

 

ヒアルロン酸は一時的に水分が増えてふっくらするだけなのでほうれい線の原因を改善するにはどうでしょう。なぜかというと、ほうれい線はシワではなくたるみなのでコラーゲンなどのハリ成分が必要だからです。

 

シワは肌の水分不足が原因なので保湿力があって水分を蓄える力のあるヒアルロン酸だけでも対策できますが、たるみが原因のほうれい線にはヒアルロン酸だけの対策では不十分なんです。たるみの原因は真皮層に存在するヒアルロン酸とコラーゲンが減少すること。

 

だからほうれい線対策にはコラーゲンを含んでいる貼るヒアルロン酸マイクロニードルパッチが最適ですね。

さっそく探してみました。

 

コラーゲン配合の貼るヒアルロン酸パッチ

 

日本製ならクオニス ダーマフィラーとヒアロディープパッチがあります。

 

クオニス ダーマフィラーとは

ダーマフィラーにはコラーゲンの他にコラーゲンを増やすサポートをするビタミンC誘導体APPS(パルチミン酸アスコルビルリン酸3Na)も含まれてるので相乗効果が期待できます。

ダーマフィラー全成分

ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、エクトイン、パルチミン酸アスコルビルリン酸3Na、アデノシン

 

ダーマフィラーは1回分のお試しが半額というキャンペーン中なので気軽にチャレンジできます。

⇒ダーマフィラー1回分のお試し半額キャンペーンはこちら

 

ヒアロディープパッチとは

ヒアロディ―プパッチにはダーマフィラー以上の有効成分が入ってるのが特徴的。

 

全成分を見るとこんなにたくさん導入できるの?ってビックリしました。

ヒアロディ―プパッチ全成分
ヒアルロン酸Na、グリセリン、加水分解コラーゲン、プラセンタエキス(ウマ由来)、アデノシン、マンニトール、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、アスコルビン酸Na、トコフェロール、レチノール、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、ユビキノン、フェノキシエタノール、PEG-40水添ヒマシ油、レシチン、ダイズ油、リン酸Na、ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11

 

全成分を見て分かるようにヒアルロン酸が一番多く、コラーゲン、プラセンタエキスと続きます。コラーゲンを増やす手助けをするビタミンC誘導体(アスコルビン酸Na)もちゃんと入ってますね。

 

もっと驚くのは若返りを促進させると話題の成分EGF(ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1)とFGF(ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11)が含まれてることです。

 

EGFとFGFは成長因子の代表的なもので細胞の働きを活発にしてくれる働きがあるのです。EGFは何といてもノーベル賞受賞してるので頼り甲斐がありますよね。

 

EGFは表皮の細胞の働きを活発にするのでターンオーバーが促されて美肌に導いてくれます。

FGFはコラーゲンやヒアルロン酸が生み出される真皮層の中に存在する線維芽細胞を活発にするはたらきがあるのでコラーゲンの生成が増えるでしょう。

 

このようにヒアロディ―プパッチはコラーゲンだけでなく増やす働きをサポートする成長因子やエイジング成分の代表プラセンタエキスなどたくさんのハリアップ成分が入ってることがわかりました。

 

たくさん含まれてる分、水分量をアップさせるヒアルロン酸の配合量はちょっと減ってしまいますが、長期的にみると数ある貼るヒアルロン酸の中で若返りの結果を出せるものでしょう。

 

なざかというとヒアルロン酸の効果は一時的だからです。

 

でもビタミンC誘導体や成長因子の働きが長期的に加わると自分の力でコラーゲン、ヒアルロン酸を作り出す肌になっていくことが期待できますね。

 

 

 

-貼るヒアルロン酸シート

執筆者:

関連記事

貼るヒアルロン酸シートパッチでグサリと刺す

貼るヒアルロン酸シートパッチ   貼るヒアルロン酸シートでグサリと刺すのがマイクロニードルです。塗るだけだったお肌にグサリとマイクロニードルの針が奥に入るのですが不思議に痛いということはあり …