*

ヒアルロン酸注射の副作用が気になりませんか?

公開日: : 最終更新日:2017/08/30 ヒアルロン酸注射副作用

ヒアルロン酸注射の副作用

 

シワや乾燥に最適と美容外科で人気の施術【ヒアルロン酸注射】ですが、はたして安全なものでしょうか?直接、大事な皮膚に入れるものなので気になるでしょう。

 

整形外科では膝の関節の軟骨部分に注入したりします。高齢になると軟骨がすり減ったり減少してくるので痛くなったり、動きが悪くなったりします。この症状を補う為にヒアルロン酸注射が役立ってるわけです。

 

関節に注入されるヒアルロン酸は、これまでの症例から問題はないということです。でもヒアルロン酸注射を関節に打つのって痛いそうですから、なるべくやりたくないです。

 

顔の皮膚に注入するのは安全?

 

膝などの関節に打つ場合は問題がないとしても、皮膚の薄い目の下や口の周りに打つのはどうでしょうか?

 

ここで気になるのはヒアルロン酸が何でできているかということです。大事な顔に注入するものですから、ここでしっかりと確認しておきたいですね。

 

ヒアルロン酸はもともとアセチルグルコサミンとグルクロン酸という成分が結合してできた糖です。コラーゲンと違ってタンパク質でなないのでアレルギーの心配はないです。アレルギーの心配がないと言っても本当に純粋なヒアルロン酸の場合で不純物が混ざってる物はわかりません。

 

ヒアルロン酸注射は純粋なヒアルロン酸製剤を使用している信頼できるクリニックでやるべきでしょう。

 

目に下に打つ場合の注意点

 

ヒアルロン酸注射で涙袋を形成するという施術が若い人を中心に人気になってますね。涙袋があるのとないのでは目元の可愛さが全然違ってくるからです。

 

ヒアルロン酸で簡単になみだ袋が作れればうれしいですよね。でも目の下は顔の中でもかなり薄い部分なので、うまくいけばいいですが内出血や腫れの心配も出てきます。

 

また技術や経験のないドクターにやってもらうとヒアルロン酸が均一に注入されずダマになるなどデコボコができてしまいます。目の下などは細かいところなので技術力があるかないかで結果が大きく違ってきます。

 

目の下以外にも唇にヒアルロン酸を注入してプルプルの肉厚な口元にするのも流行っています。薄い唇よりも集めの方がみりょくてきに見えるからでしょう。これも失敗した場合はお化けのようになってしまいます。

 

これも失敗というよりは技術力の差でしょう。

 

 

ヒアルロン酸注射の怖い副作用

 

実はヒアルロン酸注射の本当の副作用はかなり怖いということを知っていますか?皮膚が腐るんです!もっと詳しく言うと壊死してしまうことがあります。

 

この【壊死】が起こる原因は動脈にヒアルロン酸を注入した時の副作用です。とくにほうれい線を消すために鼻のそばにヒアルロン酸注射をしたときに起こりやすいと言われます。鼻のそばには動脈につながる血管があるからです。

 

どうして動脈にヒアルロン酸を注射してはいけないのでしょうか?動脈は細胞に栄養を送る大事な役割はあります。でもヒアルロン酸が入ることで血流が遮断されてしまうと新しい細胞を作るための栄養が届かなくなり皮膚がだんだんと壊死してしまうのです。

 

皮膚の壊死はヒアルロン酸注射の副作用でなくて打つ場所を間違えたもの。鼻だけでなく目の下にヒアルロン酸を注射する際は経験が豊富で技術力のあるドクターを選びましょう。

 

ヒアルロン酸注射の副作用のまとめ

 

ヒアルロン酸注射での副作用は本来はない。

 

未熟な技術力と純粋ではないヒアルロン酸を注入した場合に注意。

 

 

 

関連記事

記事はありませんでした

イーチケアシートが77%OFF 貼るだけでヒアルロン酸注射の代わりに

  イーチケアシートは貼るヒアルロン酸パッ

刺す美白マイクロニードル ブライトピュア ホワイトニングが初回半額キャンペーン

シミが一つでもあると老けた印象になるので、美白できるスキン

刺すヒアルロン酸パッチでほうれい線がふっくらピンは本当?

刺すヒアルロン酸シートはほうれい線にも効く?  

貼るヒアルロン酸シートパッチでグサリと刺す

貼るヒアルロン酸シートパッチ   貼るヒ

1回分お試しできるマイクロニードルパッチ

マイクロニードルヒアルロン酸シートのお試しはないの?  

→もっと見る

PAGE TOP ↑